浄土真宗親鸞会

北陸の浄土真宗原理主義教団

浄土真宗親鸞会

浄土真宗親鸞会のマーク
教団名浄土真宗親鸞会読みじょうどしんしゅうしんらんかい
開祖高森顕徹 設立年1958年
現代表・教祖高森顕徹 系統仏教
信者数 300,000人信仰対象正御本尊、南無阿弥陀仏の名号
経典歎異抄、教行信証本部所在地富山県射水市

沿革

1952年、高森顕徹が親鸞会の前身となる徹信会を設立
1958年、浄土真宗親鸞会が発足
2004年、二千畳の講堂を持つ正法堂を建立

特徴

親鸞会が特に主張しているのが、現在の既成仏教では本当の教えが伝わっていないということ。葬式仏教と成り果てた日本の仏教を離れ親鸞聖人の教えを忠実に世に広めることを目指している。故に浄土真宗の既成派閥とは折り合いが悪く、本願寺派とは対立していることで知られる。
高森顕徹が監修した「なぜ生きる」や、自身が著した「歎異抄をひらく」といった書物を通してその信仰を広めている。
富山県射水市の本部には2000畳の正法堂というあまりにも広い聞法空間を有している。

口コミ・評判

  1. 匿名 より:

    新宗教っぽくない名前ですよね。普通に浄土真宗だと思ってはいる人多いんじゃないですか?

    • [信者かどうか]: NO