崇教真光

世界真光文明教団にて、後継者争いから分派独立した真光系諸教団

崇教真光

教団名崇教真光読みすうきょうまひかり
開祖岡田光玉 設立年1959年
現代表・教祖岡田光央 系統その他
信者数 800,000人信仰対象御親元主真光大御神様
経典御聖言本部所在地岐阜県高山市上岡本町
キャッチフレーズ手をかざす。運命がひらく。

沿革

1959年、立教し前身となる「L・H陽光子友の会」を設立
1963年、「世界真光文明教団」に改称
1974年、岡田光玉死去
1978年、岡田光玉の正当な後継者は令嬢の岡田恵珠であるとし崇教真光として分派独立
2009年、光玉、恵珠に次ぐ三代教え主に岡田光央が就任

特徴

手かざしを「真光の業(まひかりのわざ)」と呼んでおり、三日間の研修で誰でも習得可能だとしている。そして手かざしの効能は、病気治癒・夫婦や親子仲の改善・いじめや不登校の解決などだという。
陽光農法という、無農薬有機栽培が売りの陽光農園を運営している。

口コミ・評判