神慈秀明会

教祖岡田茂吉を名主様として信奉し、理想世界を現世に実現することを目指す

神慈秀明会

教団名神慈秀明会読みしんじしゅうめいかい
開祖岡田茂吉、小山美秀子 設立年1970年
現代表・教祖小山弘子 系統その他
信者数 350,000人信仰対象明主岡田茂吉師
経典聖教書本部所在地京都府京都市左京区

沿革

1941年、岡田茂吉に小山美秀子が師事する
1952年、世界救世教秀明教会設立
1970年、世界救世教より独立し神慈秀明会となる
1997年、MIHO MUSEUMオープン
2003年、会主・小山美秀子死去

特徴

世界救世教の一部であったが、後に分離独立する。そのため手かざし等救世教と多くの共通点が存在する。
教祖岡田茂吉師を明主様として信仰している。
現在は「三つの芸術活動」を展開しており、それぞれ「浄霊」「自然農法」「美による感化」である。また、「三つの聖地」として①神苑②黄島③アメリカ・クレストンと定めている。
和太鼓楽団である「秀明太鼓」は世界的に有名である。

口コミ・評判

  1. 匿名 より:

    秀明太鼓ってここと関係あったんですね…そういえば確かにもろ秀明って入ってますもんね。
    全く結びつかなかった自分が恥ずかしい…

    • [信者かどうか]: NO