天理教

天理市という宗教団体の名を冠した自治体を持つ日本唯一の教団

天理教

天理教ロゴマーク
教団名天理教読みてんりきょう
開祖中山みき 設立年1831年
現代表・教祖中山善司 系統その他
信者数 1,199,223人信仰対象天理王命
経典天理教教典、おふでさき、みかぐらうた、おさしづ本部所在地奈良県天理市

沿革

1838年、中山みきに神が憑依することによって天理教が始まる。 1885年、神道天理教会の名で神道として認可される。 1888年、現在の天理市へ移転。 1954年、奈良県にある天理教施設一帯の町村が合併し天理市が発足。

特徴

天理市、と教団名が市の名前になった日本で唯一の教団。 以下のような独特な用語を用いる。 「おぢばがえり」ーー親里である天理市の中心に巡礼する行為 「ひのきしん」ーー日常的に行う神恩報謝や奉仕活動。日々の寄進という意味。 「にをいがけ」ーー教えを広めるためにする、いわゆる勧誘行為。

口コミ・評判

  1. 匿名 より:

    親が信者でしたので私も自然と信者ということになっていました。今では一切関わりが無いので元信者ということになるのでしょうか。
    ゴールデンウィークに詰所に泊まっていたことくらいしか思い出はないのですが、今も親は熱心な様で連絡がある度に天理教の話になります。
    トラブルの様なものもなく、私にとっては今も昔もほとんど無害な宗教です。

    • [信者かどうか]: 元信者